大杉栄

大杉栄『自叙伝』土曜社発行 2011年9月16日其の六

1918 10月1日 同志の主義研究会 大杉病気の為欠席

1918 10月15日 同志の主義研究会例会 出席者は大杉一名のみなりし為流会となれり

1918 10月 同志村木源次郎は宿病肺患者次第に昂進し到底余命を保つこと覚束なしと医師より宣告せられたる為危険なる行動に出て以て死語を飾らんと放言し居りしが其後一時減退し歩行も差支なきに至りたる為1918年10月初旬同志より見舞い金を受け転地療養を試みむとせしが之を中止し大杉と来往し居れり大杉は村木に対し其の余命長からざるべきを諷し人生畳の上にて死すべからずと暗に危険の行動に出つべく扇動せりとの聞えあるのみならず村木に対し近来特に懇切を尽し村木に対する見舞金拠出を斡旋し大石七分より金50円を送り林倭衛も亦相当の見舞金を送りたりと云う(1918年11月警視庁報) 

1918 11月1日 同志の主義研究会 13名 大杉の談話 和田、久板……入獄後の状況、話題を転じ近くドイツには革命起るべきこと及戦後は各国共失業を生ずべく日本に於ても種々の労働問題を生図ずべきこと論及せり

1918 11月11日 欧州戦乱休戦条約成立、大杉は次の如く語たれり 休戦条約の締結……独逸革命は至極平穏に行われたり……真正の革命と……到底労働者階級を満足せしすること能わざるべしと思惟す而してリープクネヒト等一派の過激思想……一方労働者は既に自覚し居………此の現状を永く支持する……而して仏国も英国も……其の後を追うに至るべく遂に米国をも転覆せすしば置かざるべく其の潮流は日本に…襲来すべしし米国にては既に大統領が其の準備を為し居るが如き日本は如何に之を……刮目に値す何れにせよ尚少しく戦争が継続せば更に面白く………云々…

1918 11月15日 同志会合に出席 独逸革命に関し左の如く述べたり 独逸其の他の影響を受け…先の……其の波及が日本……我々同志の勢力が其の際或る程まで発達し居れば……日本政府もありて出したるものなりと評し然るに内務省に於る組合公認説も……真正の労働組合運動を阻止せんとするに過ぎず

1918 12月1日 大杉栄、同志会合には欠席、村木源次郎談中「…窮すれば人の物をも奪うべし……」

1918 12月1日 <状勢>秋田県在住山本智雄は1918年施行徴兵検査に合格し同年12月1日第八師団(弘前)に入営することとなりしが同年8月5日無断家出し其の後上京大杉栄の許に出入りし同志と交際を結び大杉の主催せる無政府主義研究会及近藤憲二等の主催せる北風会等に出席せり本人は徴兵を厭忌する念を有し同年11月3日を付を以て郷里在住の知人加藤助治なる者に宛てたる書信中左の一節あり「……国防と国家とかいうものをば全然認めていない僕から観れば誠につまらぬものにしかおもえぬ。……三年間のうちにたとえ一人りにもしろ同志を多く造り且つ軍隊内に少しにしろその思想を宣伝し得るだろうと、勇んでいる……」

…………斯くて本人は11月25日同志村木源治郎、延島英一等の見送りを受け郷里を経て入営地に向い………軍隊に於て「入営後の所感」を筆答せしめたるに軍隊の無意義なること之が圧制残虐に反抗せざるべからざること等の文意を記述し又……頻りに大杉栄其の他の者に宛て主義上の通信を発したり尚本人は入隊の際密かに無政府主義に関する出版物及「趣味随想」と表記したる手帳並仏国無政府主義者の機関紙に掲載したる「新兵諸君に与ふ」と題し軍隊軍人の不法のものなることを述べたる記事を筆記したる手帳を携帯せるが右「趣味随想」なる手帳は1918年1月以降の日記にして其の第1頁に「ああ革命は近づけり」と朱書し記事中左記抜粋の項あり

一、3月29日のヶ所に大杉よ葉書及文明批評二冊其の他の送付を受けたること

一、……自分は無政府主義者なること

一、……「……第一に自由を束縛されるから第二に労働があるから第三に殺されるから第四に道徳上最悪を認めるから」と記せり

一、11月3日のヶ所に「大杉氏に計りたる件進捗せしむべく今宵同志の会合に出席の予定なりしも気分悪しき為中止せ云々」……

一、最後11月15日のヶ所には露国の現状より………「そこには天皇など云う偶像もないであろうし、それに対する土下座もないであろう……ああ……」と記せり

 其の後本人は更に身体検査の結果近視眼の為同年12月12日兵役免除となりり……同月20日より小石川区指ヶ谷町なる若林ヤヨ方に奇遇し同月26日より…博文館印刷所に校正係りとして雇われたり

1918 12月15日 <状勢>北風会、中村還一、水沼辰主催にて忘年会を兼ね開催席上村木は自己の革命家となりりたる理由なりとて述べて曰区く「革命家となり革命の点火者たらんと決意せしものにて決して豪傑振るにあらず已むを得ざるに出てたるなり云々」
[PR]



by tosukina | 2011-09-28 02:06

史料、画像アップのためのブログ
by tosukina
プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

画像一覧