大杉栄

大連・大連駅、中山広場、旧満鉄本社、SLパシナ

d0011406_19243419.jpg

大連駅。基本構造は建設時と変化がない。建設当時、上野駅を模した作り。一階が入場口、地下が出場口と改札が区分けされている。
d0011406_19244843.jpg

中山広場「大連大和ホテル新館」。
1909年に基礎工事を始め1914年に完工。8月1日営業開始。四階建て客室115。(『満鉄四十年史』より)。現在もホテルとして利用されている。二代目 「大連大和ホテル」は 1909年、夏目漱石の宿に紹介をしている。

d0011406_19245934.jpg

「旧横浜正金銀行大連支店」(現・中国銀行大連市分行)。1909年竣工、広場に作られた二番目の建物。
建築家・妻木頼黄の基本設計。1907年建設工事開始。(『観光旅行て゜ない「満州」』より)


d0011406_19251257.jpg
d0011406_19252530.jpg

再び「旧大連ヤマトホテル」


d0011406_19254169.jpg

「南満洲鉄道」(満鉄)本社ビル内部。現在は観光「資源」として活用されている。二階には展示室が今年から開設されている。(撮影禁止とのこと)。
d0011406_19255156.jpg
d0011406_1926797.jpg

階段の飾り。
d0011406_19261920.jpg
d0011406_19263441.jpg

一階廊下。

d0011406_192709.jpg

別のエリアであるが「南満洲鉄道」の基幹、鉄道部門の象徴、パシナ蒸気機関車の展示。
車輪。

d0011406_19271949.jpg

機関部分。

d0011406_19281789.jpg
d0011406_19283291.jpg
d0011406_1928466.jpg

正面。
[PR]



by tosukina | 2008-10-11 19:23

史料、画像アップのためのブログ
by tosukina
プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

画像一覧